ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

軽井沢で八十助は成長するか

よく名は体を表すといいますが、昨日も追記で登場したウチの八十助は80のことを手伝ってくれるどころか、かなりのマイペース。
まぁ、手放しにお利口さんとは決して言えないやんちゃで個性的な一歳半。

小さい頃、散々うちの中でリードを付けて歩く練習をした後にお散歩デビューをしたら、なんと道路にお腹を付けてガンとして動かず。リードを引っ張ると手足を甲羅に仕舞ったカメのごとくずずずとお腹を擦って前に進むので、我が家でついたあだ名は「モップ」。

何度散歩に連れ出しても同じなので、くるみママは八十助が一生モップのまま散歩が出来ないのかと、冗談抜きで絶望的になったほど。

そして少し歳を取り、何かを感じた八十助はようやく散歩はするようになったものの、次にはまったのがマーキング。家中の、しかも思いがけないあちこちの場所におしっこをして自分の領地を主張するように。しかも何故か外では絶対おションをしないという徹底ぶり。

そこでどんぐり太郎こと主人が次に付けたあだ名は「マーク・ピスマン」。外人っぽい?  いえいえ、マーキング、ピス(おしっこ)、マン(雄)ということみたい。

まぁ、くるみママとしてはマーク、、じゃなかった、、八十助が軽井沢へ行き慣れるにつれて、もっと自然に馴染んで、元気で大らかに育って貰えないものかと願って止まない訳なんですよ。

願わくは、小さなボールをサッカー選手みたいに蹴って遊んだりしてくれたらどんなにいいかと、、

その心は?軽い(感じで)澤選手みたいになって欲しい、、軽い澤、軽井沢、、

うーん。流石にちょっと苦しかったかなぁ、、

f:id:oiwakedoggies:20150303213404j:plain

八十助、おもちゃ二つ持ちをご披露〜

(くるみママ)

※どんぐり太郎追記
大小合わせて、粗相の処理が日課であります。。

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ