ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

追分に秋の使者

追分の吟遊詩人、どんぐり太郎です。

軽井沢の真夏は一匹のセミが土を出て羽を伸ばし、その命の限り大鳴いて恋をして本懐を遂げ、砂利道に落ちて果てるぐらいの長さであるかもしれません。

8月の頭に較べたら、9月の軽井沢は静かなものであります。日中はまだミンミン蝉が鳴いているものの、日が傾くにつれてその声もまばらになっていって、夕方にもなると追分の森はずいぶん静まり返っております。

道を行けばあちこちに秋の使者が。

f:id:oiwakedoggies:20150905150629j:image

f:id:oiwakedoggies:20150905150331j:image

f:id:oiwakedoggies:20150905150351j:image

f:id:oiwakedoggies:20150905150401j:image

庭にはイガのついてない栗そのものが落ちておりました。慌て者のリスさんの忘れ物でありましょうか。

ベランダに置いとくのでお持ち帰りくださいませ。

f:id:oiwakedoggies:20150905150440j:image

栗の木にはずいぶんと実がなっておりますね。

次に来るときは栗拾いができそうな雰囲気であります。


※くるみママ追記

軽井沢に別荘を持つようになり、ちょうど一年。一年のサイクルを経てみて、どの季節も楽しかったのですが、秋からちょうど薪ストーブを焚く位が一番好きかも。もうそろそろですよね。


お立ち寄り頂きましたおしるし
こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

  

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ