ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

軽井沢のココはどこ?

ココはどこ?
私はだあれ?
どんぐり太郎です。
 
 
先日、追分荘で朝からくるみママがしきりに「コトラー」がどうのと話しておりまして、朝っぱらからマーケティング理論の話かよと顔をしかめておりました。
 
フィリップ=コトラー
言わずと知れたマーケティングの神様のような学者でありまして、マーケティングの4Pにpublic opinionとpolitical powerを加えた6P理論などが有名であります。
 
もちろんオフの頭にそんな小難しい話はごめんでありまして、話半分で聞き流しておりました。
 
するとしまいには、
 
「今日はお昼にコトラー行こうよ」
 
とまで言い出すくるみママ。
 
は?
 
なんで軽井沢に来てまでマーケティングの勉強に行かなくちゃならないのでありますかね?
 
 
とはいえかかあ天下のどんぐるみ家。中軽井沢にあるというそのコトラーとやらに空きっ腹を抱えてまいりますと、
 
 
 
f:id:oiwakedoggies:20151202152735j:image
 
ああ。
コトラーって。
コトラ。
 
これ、「仔虎」と書いて「ココ」と読むのでありますが。
 
 
中軽井沢駅にほど近いラーメンの名店であります。
構えは地味でありますが、こちらは由緒ある東京の名店の三代目とのこと。
三種の鶏を使ったコクのあるスープをベースに、鶏塩、ゆず塩、醤油と絶品のスープに展開したメニュー構成。唐揚げとごはんのついたお得なランチメニューも充実しております。
 
 
f:id:oiwakedoggies:20151202152800j:image
 
こちらがゆず塩ラーメン。
味わい深い鶏塩に柚子が香る、「やられた」感たっぷりのスープであります。くるみママのチョイス。
 
 
f:id:oiwakedoggies:20151202152816j:image
 
どんぐり太郎のチョイスは醤油ラーメン。
鶏ベースに上品な濃さで整えた醤油味は、飽きることなく最後の一滴まで飲み干せる珠玉のスープであります。
支那竹の長さにも圧倒されるであります。
 
どちらも厚切りの柔らかチャーシューがどんと2枚。
 
 
f:id:oiwakedoggies:20151202152835j:image
 
ちなみにお店の外には喫煙所がありましたので、ここはどんぐり太郎的には「中立地帯」。しかもお茶をご自由にどうぞという優しい心配りも。
 
 
軽井沢のラーメン事情は実に恐るべしであります。
 
 
 
※くるみママ追記
ココ・シャネルもびっくり。素晴らしいお味でした。トレビアーン!
 
  
お立ち寄り頂きましたおしるし
こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ