ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

早春の一句は本歌取り

廃人のような俳人、どんぐり太郎です。

出張のため早起きした朝、白々と明けゆく空を背景に、今が盛りの白梅がその白さを際立たせておりました。

そこで一句。


かぎろひの立ちて盛りの梅白し

  

お粗末。

 

和歌の世界には「本歌取り」という技法がございまして。

優れた歌からその一部をパクるというものでありますが、その意味でこの句も「本歌取り」なのであります。

こちらがその本歌。

 

東(ひむがし)の野に炎(かぎろひ)の立つ見えて

かへり見すれば月傾(かたぶ)きぬ

 

三十六歌仙の一人、かの柿本人麻呂の歌であります。

 

かぎろひの立つ、とは空が曙光で明るくなってくるさまでありまして、早朝の空はこの表現にまさるものなしというわけで拝借しました次第。

さて次は軽井沢の早春でも一句まいりますか。

 

f:id:oiwakedoggies:20160218172859j:image

 

※くるみママ追記

君がため春の野に出でて若菜つむ

我がワンピースに雪はふりつつ

パクりましたっ!


※どんぐり太郎再追記

それだと「本歌丸取り」!

 

お立ち寄り頂きましたおしるし
こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

  

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ