ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

高崎のデパ地下からすき家の和牛弁当をゲット

キミのことがすき家

そんなこと言うのは吉野家。ちょっと松屋

どんぐり太郎です。

 

 

どんぐるみ夫妻は牛丼のすき家がけっこう好きでありまして、先日も牛すき鍋定食をいただいたばかりであります。

店によってバラツキはあるものの、状態のいい店舗ならコスパはもちろんクォリティも申し分なしであります。

ちなみに軽井沢滞在中に利用するすき家佐久店はかなり秀逸な店であります。

 

ともかくも今や老舗の吉野家をダブルスコアぐらい引き離して日本一の牛丼チェーンとなったすき家。急成長ゆえの歪みもいろいろと報じられたものの、メディアも自身のブラックぶりは棚に上げて企業叩きをするのはいい加減にしてもらいたいでありますね。

 

持ち前の生命力で見事に立ち直って業績も急回復。優待目当ての株主としてはほっと一安心であります。

 

そのすき家がなんとデパ地下に高級弁当屋を出店したとの報。これはぜひ賞味したいと願っておりましたら、オフィスの若手が高崎近辺まで用足しに赴くというので、お昼が遅くなるのは覚悟で買ってきてもらったであります。

 

若手さん、新幹線で弁当8個の運搬は実にご苦労様でありました。

 

 

f:id:oiwakedoggies:20160301145902j:image

 

 

こちらがその「和牛弁当」とやら。

群馬県産の和牛を使用。1080円という、すき家としては破格のお値段であります。牛丼3杯分でありますからね。

 

f:id:oiwakedoggies:20160301145912j:image

 

 

お肉は柔らかく、タマネギはシャキシャキ。お店の牛丼より少し甘めの味付けであります。

 

群馬県らしくこんにゃくが添えてあるのもニクイ演出。あとは下仁田のネギがあったなら、などと申したら贅沢すぎでありましょうか。

 

ともあれ非常に満足度の高い商品でありました。ぜひ東京の店でも発売してほしいであります。

 

高崎ゆえ、こんど軽井沢の帰り道に立ち寄って買ってくるのも一興かと。

 

※くるみママ追記

うーん、くるみママの分が無かったから、絶対次回の軽井沢帰りは高崎寄り!

もう本当に一人で美味しいものを食べちゃって(ぶつぶつ)、、

 

お立ち寄り頂きましたおしるし
こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

  

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ