ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

麻布十番にある伝統のパン屋

1日歩き詰めで脚がパンパンのどんぐり太郎です。


パンパンといえばパン。

軽井沢には追分の「一歩」など秀逸なパン屋さんがいろいろあるものの、どこもそれなりのお値段でありまして。

こないだは一斤買ったら800円もしてくるみママがレジで独り凍りついておりました。

とはいえお値段なりの個性的な風味を愉しめるわけでありまして、間違えてケーキを買ったと思って諦めていただきたいものであります。

 

今でこそそんな個性的なパン屋は東京でも珍しくないのでありますが、かつては洒落たパン屋なんて麻布十番にでも行かないとお目にかかれなかったであります。

  

f:id:oiwakedoggies:20160301151314j:image

たとえばこの「サンモリッツ」。くるみママが幼少の頃にはここのパンをいただくだけでお姫様気分になれたというお店であります。

f:id:oiwakedoggies:20160301151509j:image

おぉ、伝統の「シベリア」も。

ただ、世の中の変化に対して伝統を守り続けるあまり、今や普通のパン屋さんになってしまった感も。

 

f:id:oiwakedoggies:20160301151339j:image

 

とはいえくるみママにとっては懐かしい味。

ようかんの詰まった「シベリア」をはじめ、メタクソ甘そうなものばかり買い求める我が家の蟻さんの本能全開であります。

いったいいつカーボ制限をしているのやら。

 

※くるみママ追記

いいの、いいの。カーボは元気の源なんだから。

マフィンの下でちょっと写真によく映っていないのが、ロールケーキにジャムが挟んであるもの。これは特に美味しかったです。

 

お立ち寄り頂きましたおしるし
こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

  

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ