ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

軽井沢焙煎所で味比べ

いつもくるみママに焙煎されているどんぐり太郎です。

 

 

辛いスープのラーメンを食べた後はやはりコーヒーが恋しくなりまして、ここはひとつオープンカフェで紫煙を許容するモトテカか、外にきちんと喫煙所を設けている離山房あたりを希望したものの、あまり同じ所にばかり行ったのではブログネタに困るだろうというくるみママの配慮で、少し捻った場所に向かったであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160404170826j:image

 

こちら、軽井沢焙煎所。

中軽からツルヤの方へ抜けてくる町道の右手にある小綺麗なお店であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160404170850j:image

 

 

確かここはかつて「くりの木亭」の軽井沢店があった場所では?

 

f:id:oiwakedoggies:20160404170917j:image

 

自家焙煎の豆はもちろん、コーヒーを立てるための様々な器具類を売っておりまして、もちろんイートインスペースでコーヒーをいただけるであります。

 

 

こちらの特色は、豆の煎り加減やフィルターを選べることでありまして、通常のペーパーフィルターと純金メッキのフィルターを使ったらどう変わるか比較してみた次第。

 

f:id:oiwakedoggies:20160404170941j:image

 

 

見た目は何ら変わらないのでありますが、ペーパーの場合は豆の油分が吸い取られてマイルドになるのに対し、純金メッキのフィルターだとそういうものも溶け込んで、少し濃厚で強いコクを感じるのであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160404170956j:image

 

飲み終えた後のカスの残り方からは違いが歴然でありますね。右が純金メッキフィルターであります。

 

 

いや、純金メッキでなくとも、うちのコーヒーメーカーのビニール製フィルターなら近い味になるような気がするのでありますが。

 

どんぐり太郎的にはペーパーフィルターを通したあっさり味が好みでありますが、くるみママ的には純金メッキのコクが好みのようで。

何だかコーヒーの奥深さを垣間見たであります。

 

 

※くるみママ追記

あと、フレンチプレスで更にコクを出すチョイスもあるそうです。

でも、くるみママは「コーヒーギフトに純金メッキ♫」というところです。

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし
こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

  

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ