読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

追分宿・油やの正体

今日はゆっくりの更新。

どんぐり太郎です。

 

徒歩圏内のラーメン屋、カフェときて、次は名所であります。

中山道六十九次、江戸から数えて二十番目の宿が追分。

その脇本陣の名残が「油屋」であります。ちなみに本陣跡は今の堀辰雄文学記念館にその門を遺すのみでありまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20160702120257j:image

この油屋さんはかつて昭和の文人に愛された旅館でありまして、堀辰雄はもとより室生犀星立原道造もここに長逗留して筆を執ったのは有名な話。堀辰雄の『菜穂子』などはまさにここが舞台なのでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20160702120327j:image

f:id:oiwakedoggies:20160702120340j:image

今も二階は旅館のようでありますが、地階は個性溢れるギャラリーがいくつも入居。

NPO法人「油やプロジェクト」のもと、「信濃追分文化磁場」として様々なアートイベントも開催されるカルチャースポットとして機能しております。

 

こういうものに触れると、どんぐり太郎の頭のどこかに眠っているアート魂に火がつくであります。

やっぱり余生はゲージュツに生きると決めたであります。

 

 

※くるみママ追記

儲かるゲージュツにしてね!


お立ち寄り頂きましたおしるし
こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ