ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

追分絶品カレーの流儀

加齢臭だけには気をつけているどんぐり太郎です。

 

カレーという食べ物は今どきの市販のルーを使えば誰でもそこそこの味になるのでありまして、それゆえ差別化も難しいのであります。

そういう事情もあってどんぐるみ家においては永く封印していたのでありますが、先日某所でとってもなく美味なカレーをいただきまして、かつてのカレー熱が甦ってきたであります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160703231211j:image

まずはタマネギから。

タマネギはそもそもカタチが具として残るべきものではなく、カレーの味を根っこで支えるものと提議いたします。

それゆえ、中玉1個を薄くスライスしておきましてですね、

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231226j:image

まずは炒めるであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231241j:image

あめ色になるまで炒めますと、甘みが出てくるであります。

この甘みが辛味と辛味の隙間に入って「旨味」を支えるのであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231300j:image 

次に具の野菜でありますが、こちらは変に面取りをしたりなどせず、ばっさり切って炒めるであります。

多少煮崩れしても、その崩れた部分がカレーの旨味に溶け込むのであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231316j:image

肉もあまり炒めすぎず、表面に香ばしい焼き跡がつく程度で。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231328j:image

具をなべに放り込みましたら、リンゴをまるまる一個、皮ごとすって入れるであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231341j:image

水を800cc入れて火にかけまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231355j:image

次にバナナを半分すり入れ、

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231413j:image

そして板チョコレートも半分。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231437j:image

チョコレートはなるべくビターなものを。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231447j:image 

お好みでコンソメなんかも少し入れるとさらに味の隙間がなくなって濃厚になるであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231503j:image

ルーはフレーク状のものが楽であります。

甘みが強いベースゆえ、ルーはできるだけ辛口を。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231517j:image

どんどん溶かし入れまして。

 

10分ほど煮込んだら火を止めて30分待機。

さらに10分火を入れて、また30分待機。

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231532j:image

そこでバターを2㎝ほど溶かし込むであります。

 

よく溶けたら、フタをして一晩待つであります。

これは晩メシにあらず。

明日楽しむものゆえ。

それがどんぐりカレーの流儀。

 

こら、くるみママ!

勝手に味見は禁止!

 

※くるみママ中間追記

えー!

なんでー!

 

 

f:id:oiwakedoggies:20160703231609j:image

ということで、翌朝の食卓。

 福神漬けの代わりに自家製の新生姜佃煮を添えまして。

どうですかね、くるみママ。

 

 

※くるみママ追記

もう、濃厚なのにまろやかで、それでいて後から辛味が。

どんぐり太郎にまた胃袋つかまれたかも!

 

お立ち寄り頂きましたおしるし
こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ