ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

中込で昭和のカレー

ふたりは枯れすすき〜♪

昭和の歌謡曲が好きなどんぐり太郎です。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170126101748j:image

佐久の中込は昭和の匂いがプンプンでありまして、駅前の「頓珍館」の佇まいなどは「ザ」の付く昭和であります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170126101811j:image

その「頓珍館」で前回は「とんちんめん」をいただいたのでありますが、こちらはもともと洋食屋さんでありますゆえ、他のメニューも実に充実しているのであります。

そこで今回は洋食屋さんの真骨頂をいただくことに。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170126101825j:image

カツカレーであります。

サラダとトンカツとカレーライスが一堂に集結したこのメニューはまさにワンプレートメニューの王様でありますね。サラダにドレッシングでなくマヨネーズがかかっているのも昭和テイスト。

 

お味の方はさらに昭和でありまして、昨今のこまっしゃくれたホテルカレーや専門店のこだわりカレーとは一線を画した、いわゆる「カレー粉と小麦粉」でこしらえる、こだわり抜きの王道日本カレーなのであります。

小ぶりなカツは外がサクサク中は柔らかジューシー。カツカレーにはこれしかないでしょ的な大きさと作り。

やや甘口で、小さなお子様のテイストにも合うでありましょう。その素朴すぎる味わいは高度成長期の懐かしさ。今どき浅草の洋食屋でもありつけないでありましょう。

 

 

※くるみママ追記

病みつきになりそうな美味しさです!

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ