読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

秘湯をバラす旅〜サンフランシスコの湯??

微妙に鉄ヲタなところもあるどんぐり太郎です。撮り鉄です。

 

鉄道で秘湯に行ってまいりまして。

ええ、確かに、鉄道を利用したであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141151j:image

所は小諸の山の中。

またもすれ違い不可の道をゆくどんぐるみ家。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141214j:image 

「菱野温泉」とありまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141236j:image

常磐館」なる旅荘の怪しげなトンネルを抜けてまいりますと、

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141254j:image 

何とも小綺麗な旅館でありますが、ともあれ入浴料1千円を払いまして。

その向こうに気になるものが。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141318j:image

何ですかね、これは。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141339j:image

ケーブルカーであります。

サンフランシスコかい!

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141415j:image 

おお、まさに敷地内鉄道ではありませぬか。

この鉄道で風呂へ行けというのであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141431j:image

スイッチオン。

生まれて初めて鉄道を操作したであります。

今日は記念日であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141452j:image

おお、上の箱と途中ですれ違いであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141527j:image

1分半ぐらいの電車の旅でずいぶんと上がりまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141547j:image

たどり着きました雲の助温泉。 

行くであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141608j:image 

こちらは女湯サイド。

雲上のごとく長めのいいお風呂であります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170321141627j:image

こちらは男湯サイドから外湯を。

桶風呂ではありますが、いちおう露天風呂完備であります。

晴れ渡った日には遠く富士山まで見通せる長めでありまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20170321141653j:image

こちらは男湯サイド。

泉質は塩泉なのでありましょうか、しょっぱい感じであります。

いえいえ、どんぐり太郎にとっては風呂などどうでもよく、鉄道を動かしたという事実だけで眠れぬほど興奮したであります。

 

※くるみママ追記

あったまってぐっすり寝てたじゃないの!


お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ