ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

真夏日にはつけ麺

村上春樹の文体を真似ていたらいつの間にか憑依されてしまったどんぐり太郎です。

やれやれ。まったく、やれやれだ。

 

それは佐久で30度を超えた土曜のことでありました。

さすがにこの気温で熱々のラーメンはないだろうということになりまして、さりとてあっさり蕎麦という気分にもなれず、折衷案として「つけ麺」に落ち着いた次第。

 

f:id:oiwakedoggies:20180705164304j:image

ベイシアにほど近い三ツ矢堂製麺であります。

何が優れているかと申しまして、

 

f:id:oiwakedoggies:20180705164325j:image

麺の量が普通のラーメン程度の小盛り(200g)から正気の沙汰ではない極盛り(1500g)まで6段階で選べるのでありますね。しかも大盛り(600g)までは同じ金額。

さらに、熱盛りから氷締めまで「締め分け」で提供してくれるであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20180705164602j:image

どんぐり太郎のチョイスは四川風の辛いやつであります。

適度な辛味でツルツルといけてしまうであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20180705164626j:image

激辛を選んだのはくるみママ。

なんでいつも挑戦的なのでありましょうか。

必ずその店のいちばん辛いやつを注文するであります。

 

麺は冷盛りで頼んだでありますが、熱で乾いてしまうことがない分、ツルツル感が失われず、やはりこのチョイスがベストでありますね。

こちらはまた来たい2つ星であります。

 

※くるみママ追記

夏は辛いものがベスト!

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ