ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記と、時おり旅の記録。

加湿器総動員

心の渇きをチューハイで潤すどんぐり太郎です。

 

この年末年始は追分荘のIoT化や部屋の模様替えのほかに、環境整備にも取り組んだであります。

その最たるものが乾燥対策でありまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114135911j:image

加湿器を作動させる前、こちらの温度計・湿度計によれば湿度は約25%程度。

もはやサハラ砂漠なみと申しますか、飛んでるときの飛行機の中ぐらいでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114135940j:image

そこで新たに増設いたしました巨大な空気清浄機&加湿器。

(電源を入れた直後は湿度47%と表示されておりまするが、これがしばらくすると現実を知ってどんどん下がってまいりまする)

 

f:id:oiwakedoggies:20200114140015j:image

ともあれこの機種にいたしましたのは、加湿に加えて夏場は除湿にも使えるという点。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114140045j:image

だんだん現実を把握したのであありましょうか、みるみるうちに34%とか表示されまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114140102j:image

さて、もともとあった1台もフル回転。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114140123j:image

何とか2台で44%ぐらいまでは上げられることがわかったであります。これぐらいだとけっこう喉や肌が楽になるでありますね。

とはいえ、半日で2リットルのタンクが空になるでありますが。このへんの水はどこに消えてしまうのでありましょうか。

 

※くるみママ追記

夏のにぎわいはどこに消えた♫

入れた2リーットルはどこに消えた♫

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

 

年末のゴミは用意周到に

邪念の塵芥集積場、どんぐり太郎です。

 

暖冬ではありながら軽井沢にはちょくちょく雪が降るであります。

そういえば12月30日も未明からの雪で玄関前が真っ白になっておりまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114135721j:image

ちょうどゴミを塵芥処理場に持ち込もうとしていた日でありまして、朝からウツになったであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20200116220514p:image

さて現場は予想通りの大渋滞。

日々ゴミは出るので最終日まで溜め込んだでありますが、年内最終日はお昼までゆえそれまでに入らないといけなかったでありますが、10時45分時点でもすでにクルマが玄関口まで連なる状況でありまして。このうえは1人がクルマを降りてダッシュで捨てて回らなければならない事態も覚悟したであります。

何とかそれは回避してギリギリで集積場の駐車スペースまでクルマを回すことができたでありますが、今度はどこに何を捨てるかでてんやわんや。2人で手分けして雪の中を右往左往。分別の場所を予め把握しておいて、それに合わせてゴミを積んでいくべきでありますね。どんぐるみ家の場合、とうとう缶を捨てる場所がわからずに持ち帰るはめにあったであります。

あと、できるだけ早く出るに越したことはないでありますよ。

 

※くるみママ追記

かーんの場所が分からず、あかーん!

 

※どんぐり太郎再追記

寒っ。

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

すき家という選択肢

数寄屋橋次郎よりもすき家と次郎の方が好きなどんぐり太郎です。

 

血液がかんすいでできている身としてはやはりお昼はラーメンというのが定番なのでありますが、それでも時おり麺以外の選択肢を模索することがありまして。そういうときはテレビCMで気になっていたアレということで。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114133149j:image

こちら、四川風牛すき鍋定食。すき家の佐久店であります。

もともとの甘味のある割下に意外と合うのが四川風の麻辣ダレ。さらにシビレの素までふりかけ、そのうえ1辛増しでいただくでありますよ。

ご飯は少なめを選択したでありますが、これなら並盛もいけたでありますね。適度なシビカラでご飯が進んでしかたないであります。

暖冬とはいいながら寒風吹き荒ぶ佐久地域。身も心も暖まる逸品でありました。

 

※くるみママ追記

コンロでグツグツ煮て食べるのは、たまりません!

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

 

 

 

 

組み立て家具の光と影

光と影の狭間で生きてきたどんぐり太郎です。

 

この年末年始の追分荘はいろいろと模様替えもございまして。ほぼ寝るだけのベッドルームをもう少し前向きに活用しようということになったであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114110838j:image

そこでニトリの家具。

当然ながらユーザー組み立てのお品でありまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114110859j:image

しかしそんなときに活躍するのがこちらの電動ドライバー。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114110924j:image

瞬く間にデスクが一つ完成。

小物もコーディネートしたでありますよ。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114110956j:image

テレビ台もお茶の子さいさい。

 

が、しかし、であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114111032j:image

こちらはカインズのスチール棚でありますが、レンチでやってくれとか地獄でありますね。

レンチはリンチ。

こういうのやめてほしいであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114111106j:image

組み上げの労力はざっと5倍といったところでありますかね。。

 

※くるみママ追記

うんうん、チューハイ一缶追加するわよ!

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

温浴効果倍増グッズ

平熱が36.9度のお子ちゃま、どんぐり太郎です。

 

とかく世の中の温泉なるものには必ず効能書きがありまして、肩こり、冷え性、リウマチ、産後の肥立ちなどあれこれ書き連ねてあるのでありますが、最近の知見によりますとどの温泉も大同小異と申しますか、温浴効果以上のものはほとんど期待できないのが実態であるとかないとか。

早い話、各家庭に家風呂が普及いたしましたのはごく最近のことでありまして、その昔は毎晩のんびりと湯に浸かる習慣など限られた人々にのみ許された特権だったわけで。それゆえじっくりと身体を温める湯治なるものが非常に特別なものだったのでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114100255j:image

2012年という少し旧いデータでありますが、ウェザーニュースの調査によりますと、風呂がどの家庭にもあるこの時代におきましても湯船に15分以上浸かっている人は全体の半分にも満たず、日本人全体の平均で15分、最も短い沖縄県では11分とのことでありまして。

まあ15分も浸かれば御の字ともいえるでありますが、当のどんぐり太郎は極めてcrow's manner of bathingな感じでありまして、要はただのんびり浸かっているのが退屈なのでありますね。よく浸かって3分でありました。

 

そこで温浴効果倍増グッズの登場であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114100312j:image

こちら、スマホ防水ケース。

 

f:id:oiwakedoggies:20200114100332j:image

このようにすっぽりとビニールで包んでしまうわけであります。しかもビニール越しにちゃんと操作もできるでありますよ。

Youtubeのお笑い映像を流すことで、飽きることなく長く湯船に浸かれるようになったであります。

何が違うと申しまして、夜中に厠に立つ回数がぐんと減ったでありますね。

これでわざわざ温泉に行く必要もなくなったでありますよ。

 

※くるみママ追記

お笑い観てないで、早く出てらっしゃい!

 

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

九尾で九品セレクション

それが現るる処、太平の地ならむ。

九尾の狐は有難き瑞獣だとか。

翻って疫病神のどんぐり太郎です。

 

岩村田駅前の九尾の狐に運よく席が取れた日は必ず次回の予約を入れるどんぐるみ家でありますが、12月初めにはもう年末の予約をしておいたでありますよ。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173011j:image

さて今回はこちらの前菜からじっくりまいりまする。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173050j:image

ザーサイとキュウリのキムチ風。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173144j:image

やわらかタケノコのピリ辛和え。

こんなんいただいたら酒が進むに決まってまっしゃろでありますよ。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173219j:image

なのでこういうオプションを。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173259j:image

1リットルのハイボールでありますよ。これだと忙しい厨房に迷惑をかけないで済むでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173345j:image

フカヒレスープもいただきまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173517j:image

よだれ鶏でだんだん辛味に慣らしておくであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173425j:image

エビチリを間にかましまして、

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173545j:image

ようやく真打登場。

佐久地域で最高峰の四川風麻婆豆腐。

これをいただくだけでも太平洋を渡ってこちらを訪れる価値ありと言えるほどの絶品。大盛のごはんなんぞあろうものなら一瞬で消えゆく悪魔の一皿であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173611j:image

先ほどのよだれ鶏のタレの残りで水餃子をいただくという、これまた悪魔の手先とも呼ぶべき危険な逸品。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173633j:image

さらなる悪魔の追撃はこちら。

麻婆の麻辣で火のついた胃袋に注ぎ込む珠玉の炒飯。

 

f:id:oiwakedoggies:20200113173707j:image

くるみママはさらにトドメの中華デザートまで。

どんぐり太郎の九尾セレクションでありました。

なお、追分荘の体重計はしばらく隠しておくであります。

 

※くるみママ追記

体重が美味しいものに比例しているとすれば、大変なことになります!

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

 

 

追分スマート化計画(床暖編)

IoTが顔文字に見えて仕方ない情弱のどんぐり太郎です。

 

玄関前監視カメラがうまくセットアップできたところで、永年の問題解決にもIoTを応用してみることにいたしまして。

諸先輩に情弱が申し上げるのもおこがましい限りでありますが、IoTと申しますのはInternet of Thingsの頭文字をとったものでありまして、日本語では「モノのインターネット」などと野暮な直訳がされることもしばしばであります。

早い話、様々なモノがインターネットに接続され、それらが「相互に情報交換しつつ相互に制御し合う」というのが本義のようでありますね。

そういう意味で、ネットワーク監視カメラなんぞ設置した程度でIoTなどと呼ぶのはちゃんちゃらおかしいのは重々承知しているであります。

が、とにもかくにも永年の懸案事項を最新技術で解決できる時が来たのでありますよ。

 

f:id:oiwakedoggies:20200107132516j:image

その懸案事項とは、床暖のエラー停止でありまして。

厳冬の時期、追分荘では水道の凍結防止のため不在時でも床暖を最低温度で常時オンにしてあるであります。これはこの家の前オーナーから学んだことであります。

ちなみに、このへんのことでCO2ガーとか地球温暖化ガーとかヒステリックなことを叫ぶ御仁との不毛な平行線議論は遠慮申し上げるであります。当方は人為的なCO2が地球を温暖化させたなどという世界を巻き込んだインチキ宗教なんぞまったく信じておりませぬゆえ。

 

ともかくも当家にとって床暖が何らかの理由で突如エラーになるのであるのが傘がないこと以上に深刻な問題なのであります。

床暖が切れた状態だと、当然ながら室内がとてつもなく冷え切ってしまうのでありますね。これまでの最低記録では到着時に室温が4度だったこともありまして。昼間のうち陽光が降り注ぐ家が21時でそこまで冷えているということは、明け方までには室内が氷点下になっている可能性も十分考えられるであります。

水道の凍結防止もさることながら、とにかく冷え切った室内を温めるのにとんでもなく時間がかかるのでありますね。ケンニャンを4度や5度の部屋に放すわけにもいかず、温まるまでクルマで待機させたこともありまして。

床暖がエラーになった場合、いちど電源を切って入れ直す必要があるわけでありますが、さてそれを外からやるにはどうしたらいいものかと。しかもリモコンに対応しているわけでもない壁スイッチオンリーの機器において、であります。

 

が、さすがにこの時代。ちゃんとソリューションはあるのでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20200107132546j:image

こちら、SwitchBot。

 

f:id:oiwakedoggies:20200107132643j:image

このハブちゃんで外からのコマンドを受けまして、

 

f:id:oiwakedoggies:20200107132720j:image

この小さなボットくんからニョキッと出るおててが電源のON/OFFをやってくれるであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20200107132801j:image

ちなみにボットくんはスコッチの強力テープでどこにもピタリと貼り付くでありますよ。

 

さて監視でありますが、

 

f:id:oiwakedoggies:20200107132824j:image

パナソニックのペットカメラを仕掛けまして。

監視だけなら5千円もしないような安物で十分でありますが、室温もモニターできて下がり過ぎたらアラートを発してくれるという理由で、4倍の価格の国産品を奮発いたしました次第。

 

f:id:oiwakedoggies:20200107132955j:image

こちらは暗視機能もスグレモノで、深夜でもこのとおり完璧に床暖のモニタリングができるであります。

そのうえ室内に異変があればアラート&記録してくれるでありますから、防犯設備の補助としても一役買うでありますよ。

 

というわけでありまして、室温センサーが「寒すぎ」というアラートを出したらカメラで運転の状態を確認し、表示が「P3」(エラー)だったら手元のアプリでボットくんを動かして電源をOFF/ONして回復させる、という立て付けであります。

調査検討3ヶ月、設置30分でありました。

トヨタがスマートシティ構想をぶち上げた折、追分荘もスマートハウスにしていくでありますよ。

 

※くるみママ追記

着いたらディナーとどんぐり太郎のチューハイが出る仕掛けはないかしら?

 

 

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ