ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記と、時おり旅の記録。

王様中華そばとは

気持ちだけはいつも王様。

どんぐり太郎です。

 

時おり信州のラーメン店で「王様中華そば」なるものを目にするであります。

王様というだけに、単に具だくさんで贅沢なラーメンのことを指すのかと思いきやそうではなく、かつて長野市内にあった老舗ラーメン店の人気メニューを、県内ラーメン店の店主からなる信州麺友会が復活させたものだそうであります。

鶏がらの澄んだスープに黒コショウをきかせ、具材にはざく切りのネギ・海苔・チャーシュー・メンマを使用する。麺や味付けは提供する店舗により異なる、と。

 

f:id:oiwakedoggies:20200701155352j:image

こちらは小諸の「無我夢中」の王様中華そば。

このお店ならではの奥行きのある醤油スープに、黒コショウがどっさり効いたパンチのあるラーメンであります。

「王様」の名に恥じることなき風格。

 

f:id:oiwakedoggies:20200701155517j:image

一方、こちらは佐久インター前の「蕪村」の王様中華そば。

こちらは黄金スープといった風情。適度な脂が熱々感をたっぷり保っておりまして。黒コショウの効き方も半端ではなく。

信州麺友会の「王様」、いずれ全制覇してみたいものであります。

 

 

※くるみママ追記

女王様中華とかないかしら♪

 

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

 

 

使える! ツルヤオリジナルエコバッグ

エコという言葉にいつも偽善と欺瞞を感じているどんぐり太郎です。

 

7月1日からレジ袋の有料化が義務付けられたでありますが、スーパー大手などはそれに先んじてすでに袋を有料化したり、併せて独自のエコバックを販売したりしていたでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20200701094904j:image

ツルヤでは6月1日からツルヤオリジナルのバッグしか使わせてあげないと宣言しておりまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20200701094933j:image

仕方なく買ったでありますが、これがなかなかの優れモノでありまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20200701095023j:image

広げるだけでカゴにぴったり収まるだけでなく、持ちやすくて荷が崩れにくい作り。

これはツルヤ以外でも使いたいと思えるシロモノでありますよ。

 

※くるみママ追記 

さすがツルヤ!の出来栄えです♪

 

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

 

 

新佐久ルート

頭の中にはラーメンマップ。

どんぐり太郎です。

 

軽井沢にほぼ常住して足かけ4ヵ月にもなりますと、いろいろと新たな道を発見するのでありまして。

そもそも道を憶えると申しますのはたいていが間違いに端を発することが多く、「あれ?」と思った直後に「そうだったのか!」という感動とともに経路のレパートリーが増えていくものであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20200630170518j:image

こちらの道などは軽井沢方面と佐久の駅やイオン方面と結ぶ近道でありまして、距離的にはさほど変わらないものの、何しろ信号の数も少なくほぼノーストレスで行ける裏道なのであります。

もともとは御影方面への近道として重宝していたのでありますが、今や当家では佐久方面へのメイン道路と化しておりまする。

 

f:id:oiwakedoggies:20200630170726j:image

何しろ心洗われるのどかな農道でありますよ。

 

※くるみママ追記

ちょっと道幅が狭いところもスリル一杯です!

 

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

今季初ファイア

まだ生のタバコに火をつけて紫煙を燻らせていた頃、いち早くiQOSに切り替えていた知人から「石器時代人」と揶揄されたどんぐり太郎です。

 

火というものはなんと申しますか、人間の本源的なクリエイティビティに訴えるものがありまして、やはり時おり火を起こす作業はせねばならぬと思うのであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20200630163317j:image

ということで今シーズン初の火起こし。

ようやく夕方でも外で過ごせるほどの季節になってきたでありますよ。

 

 

f:id:oiwakedoggies:20200630163348j:image

チキン、イカ、ホタテ。

イオンならこれだけ買っても700円程度。

ただ、火力が思いのほか弱すぎて、じわじわ長く焼く羽目に。

それはそれでローストっぽくて美味でありましたものの、次回は網から炎が飛び出すほどに炭を燃やしまくるであります。

 

※くるみママ追記

待ち時間が長くてイライラ!

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

 

 

 

糖質2分の1ラーメン

今どきは冷食の類もかゆい所に手が届くと申しますか、こんなのがほしかった系のものが続々と登場いたしまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20200628162043j:image

最近の感激はこちら。

佐久のイオンで見つけました中華めん小分けパック。

2分の1杯ずつの小分け。しかも茹で済みなのでレンチンすればそのままスープに放り込めるというシロモノ。

ただ、これだけでは芸がないというものでありまして、ここでさらにひと工夫。

 

 

f:id:oiwakedoggies:20200628162252j:image

こちらの糖質ゼロ麺を。

 

f:id:oiwakedoggies:20200628162333j:image

この組み合わせで糖質2分の1麺になるわけでありまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20200628162516j:image

こちら、既製の豚骨しょうゆスープで仕上げ。

麺を混ぜてもほとんど違和感なしでいただけるでありますよ。

 

f:id:oiwakedoggies:20200628162604j:image

こちらが旨塩スープ編。

もう病みつきになるであります。

 

※くるみママ追記

普通にとっても美味しいラーメンです♪

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

テーブルを夏仕様に

夏と冬は性能が落ちるどんぐり太郎です。

 

東京のこの時期といえば長雨があったり梅雨曇りが続いたりと、あまり中休みらしい中休みもなく鬱陶しい日が続くものでありまするが、軽井沢の梅雨と申しますのはしとしとと雨が降り続くというよりは、降るときにドバーッと降ってからりと晴れる、みたいなことがよくあるのでありまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20200627173426j:image

そんな梅雨の中休み的な晴れた日。

テーブルの装いを夏仕様に変えたであります。

どんぐるみいえ御用達のニトリ

いいもの置いてあるでありますよ。

 

f:id:oiwakedoggies:20200627173503j:image

一気に夏気分であります。

 

※くるみママ追記

これ、洋食だしても合うかしら?

 

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

コンパクトな七堂伽藍

テラはイタリア語で地球。

どんぐり太郎です。


佐久市には名刹がたくさんあるでありますが、中でも貞祥寺はその代表格であります。

開山は大永元年(1521年)。寺にその名を冠する前山城主の伴野貞祥公が祖父と父を供養するために建てた曹洞宗の寺であります。

コンパクトながらいわゆる「七堂伽藍」をすべて擁しておりまして、信濃毎日新聞社刊「信州百寺」にも選定されておりまする。

七堂伽藍と申しますのは、金堂・塔・講堂・食堂・鐘楼・経蔵・僧坊・回廊・門など、僧侶が集まって修行するためのアイテムのことでありまして、こちらは大本山クラスのインフラを備えたお寺ということでありますよ。

 

f:id:oiwakedoggies:20200623163647j:image
参道には杉や欅の大木が立ち並んでおりまする。

 

f:id:oiwakedoggies:20200623163704j:image

何よりここは見るも鮮やかな芝生のごときふわふわの苔の回廊になっておりまして、真夏でもひんやりとした空気が漂う、まさにパワースポット的な場所であります。この苔だけでも見る価値があるほど。

 

f:id:oiwakedoggies:20200623163744j:image

参道の石段の脇には茅葺きの「島崎藤村の旧宅」がひっそりと。いちど焼けた家屋を建て直したのだとか。

藤村が詩から散文へとドメインを変えていった時期に住んだ場所なのだそうで。

 

f:id:oiwakedoggies:20200623163836j:image
こちらの総門は承応2年(1653年)建立。このお寺では最古の建造物でありまして。その先の茅葺の山門には増長と持国の仁王を左右に配しておりまする。

 

f:id:oiwakedoggies:20200623163932j:image
こちらに見えるのがご本堂でありますかね。

貞祥寺は欧州の禅普及において中心的な役割を担ったお寺のひとつなのだそうでありまして、今もはるばるかの地から訪れる禅の愛好家さんが多いのだとか。

 

f:id:oiwakedoggies:20200623164005j:image
僧堂の左奥のはずれにひっそりと立つ三重塔は、案内がないと見つけるのに苦労するであります。

明治の初めに吹き荒れた廃仏毀釈の嵐で廃寺に追い込まれた小海の神光寺から移転したもので、観光パンフレットや広告にしばしば登場するほど立派な塔でありますが、移築物ゆえ重文や国宝となるにはまだまだ時間がかかりそうでありますね。

いずれにしましてもこのお寺はここだけを目的に訪れる価値があるほどの名刹でありますよ。

 


※くるみママ追記

菩提寺をここに変えようかしら♪

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ