読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

霧の軽井沢入り

キリキリ舞いよ♫

キリキリ舞いよ♫

ピンクレディーはミーちゃんの方が好きだったどんぐり太郎です。

 

金曜夜の軽井沢入り。

上信越道の碓氷軽井沢インター近くになって霧雨が。

いやな予感。

こういうときはインターを出てからの道が難儀するであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160723084707j:image

案の定でありました。

視界10mにも満たない霧の中。

ただ、夜の方が対向車や後続車を灯りで捉えられる分だけ楽であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160723084730j:image

霧の道はとにかくスピードを落として車線をキープすることに務めるに限るでありますね。

どんぐり太郎的には時速30kmで左の線を目安に走るであります。

特に町へと続くこの道はクネクネ道ゆえ、ナビで次のカーブを確かめつつ行くのがベター。

幸い途中で果敢に抜いてくれた車がありまして、あとはその車を追尾していった次第。先導車があると実に有難いであります。

やはり日頃の行いが良いので天は我に味方するであります。

 

※くるみママ追記

まさに五里霧中でした。

 

立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

中軽に新たなラーメンの刺客?

麺のためなら地の果てまでも。

どんぐり太郎です。

 

いえ、地の果てまで行かずとも、中軽に新たなお店がこの春オープンしておりまして。

  

f:id:oiwakedoggies:20160721212919j:image 

その名も「神楽や」さん。

春先に軽井沢新聞で見つけてから気になって気になって仕方なかったお店であります。

  

 f:id:oiwakedoggies:20160721212952j:image

売りは白湯鶏そば。

コラーゲンバリバリのとろみ白湯であります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160721213011j:image

こちらがまさにその白湯鶏そば。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160721213033j:image

お作法も壁に。

柚子七味と生姜レモン酢で味の変化を愉しめるであります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160721213047j:image

信州黄金シャモを使うこだわり。

 

ただ、残念ながらスープがいささか冷めておりました。たぶん90度を裕に切っていたものと思われるであります。

麺を水でシメたのか、それともどんぶりの温めが甘かったか。

アツアツでいただけたら三つ星でありましたが、ここは心を鬼にして一つ星。

上質なスープだけにひたすら惜しいであります。

 

※くるみママ追記

え〜、どんぐりママは二つ星。その理由は生姜レモン酢を入れた時の絶妙な美味しさ。なかなか他ではない味だと思いますよ。

 

 

立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

京都旅行、ツッコミ編

どちらかといえばボケ側のどんぐり太郎です。

 

オフ軽井沢で旅した京都。もちろんどんぐるみ夫婦の珍道中ゆえツッコミ所満載でありました。

 

まず、京都といえば、

 

 f:id:oiwakedoggies:20160720231240j:image

ま、舞妓はん!

あまりの感激に手が震えてピンボケになったであります。

 

※くるみママ追記

やだ、エロおやじ!

 

 

そんなに褒められても照れるであります。

 

そういえば、祇園祭に際してくるみママが八阪神社で「ちまき」を買うというので首をかしげたであります。

夕食前にわざわざ「ちまき」とは。

 

f:id:oiwakedoggies:20160720231337j:image

はあ、「ちまき」とはこういう縁起物を言うのでありますか。てっきり食い物かと。

 

※くるみママ追記

あのね、誰が食べ物買うのよ!

 

祭といえば夜店。

中でもいちばんどんぐり太郎の興味をひいたのがこちら。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160720231417j:image

くるみママ、鉄砲ほしぃす。

 

※くるみママ追記

またおもちゃ漁り!

 

さて、京都のお土産にも様々あるものの、やはりこちらが人気のようで。

 

f:id:oiwakedoggies:20160720231454j:image

あぶらとり紙。

生首印がいつ見ても気味悪いであります。

 

※くるみママ追記

生首じゃなくてよーじやでしょ!

 

帰りの飛行機では、どんぐり太郎のカバンが検査で何度も止められたであります。

どうやらこちらが引っかかった模様。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160720231530j:image

爪用のヤスリでありますが、春からずっと入ってるのに今回だけなんで?

 

※くるみママ追記

もう、なんでカバンにそんなもの入ってるの!

 

いや、たまにはハイジャックでもしようか、はもちろんありません。

まったくもって、いつも珍道中のどんぐるみ夫婦であります。

 

立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

軽井沢ご用達の味を本場で

今回の参院選では惜しくも議席獲得に至らなかった日本ラーメン党のどんぐり太郎です。

 

軽井沢でのお昼は頑固にラーメンと決めているどんぐるみ夫婦でありますが、京都でもそのポリシーは貫き通したであります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160719110018j:image

こちら、「ますたに」さん。

銀閣にほど近い住宅地にひっそりとした佇まいを見せておりますが、ひっきりなしにお客さんが入ってくる京都でも名高い銘店であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160719110033j:image

メニューは至ってシンプル。味に自信があるゆえでありましょうね。

 

f:id:oiwakedoggies:20160719110042j:image

夫婦ともにチャーシュー麺を。

鶏ガラをベースに豚の背脂をあしらった「二階建て」のスープは濃厚で味わい深く。細麺に乗って五臓六腑に染み渡るであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20160719110132j:image

実はこの味、生ラーメンとして販売されておりましてですね。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160719110223j:image

当家でやるとこんな体裁に。

 

ちなみに本家でいただく味は背脂の臭みが少し乗っておりまして、これがまたオツなのでありますね。製品版だとそのあたりがかなり控え目になっておりまして。

ともあれ大満足なお味でありました。

 

※くるみママ追記

くるみママはお酢をかけ、黒胡椒をたっぷりかけてみました。まぁ、美味しかったこと!

 

立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

オフ軽井沢旅行~京都(下)

東京特許許可局よりも京都特許許可局の方が読みにくいと思うどんぐり太郎です。

 

週末をオフ軽井沢旅行にあてたこの週末。

祇園の山鉾を堪能したあとは、残された2時間で駆け足の市内観光であります。

とはいえミーハーに金閣だの清水寺だのといったメジャーなスポットは訪れないのがどんぐり流。マニアックにいくであります。

まずはこちらから。

 

f:id:oiwakedoggies:20160718184557j:image 

敵は本能寺にあり

山鉾の巡行を鑑賞した招待席のすぐ裏手が本能寺でありまして。

まずはこの石柱の文字をよくよくご覧くださいませ。

「本能寺」の「能」の字の右側が「ヒヒ」ではなく「去」という字になっているのにご注目。

 

f:id:oiwakedoggies:20160718184635j:image

信長公が討たれた変を含めて何度も火災に遭ったこのお寺では、もう火災はごめんだという意味をこめてこの「去」という字を忍ばせたのだとか。

知らないと見過ごしてしまうトリビアであります。

 

お次はこちら。

 

f:id:oiwakedoggies:20160718184713j:image 

本能寺のある市役所前から東西線で東へ2駅の東山で下車して徒歩5分余り。

本能寺の変織田信長を討ち滅ぼした明智光秀の首が埋まっているとされる塚であります。

変の後、中国大返し羽柴秀吉軍に山崎(天王山)で敗れ、国元の坂本城へ落ち延びようとした山中、土民の落ち武者狩りに遭遇して落命した光秀公。

その首を従者が切り落として埋めたとされるのがこの地であります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160718184744j:image

f:id:oiwakedoggies:20160718184802j:image

住宅地の中にひっそりとした佇まいを見せるこの塚には足しげく通う方も多いのだとか。

かつては英雄・信長を不意打ちで滅ぼしたヒール役として永く汚名を着ておりました光秀公でありますが、昨今は子孫らによって変の謎が徐々に解き明かされ、その謀反の大義がかなり明らかになりつつありまして、どんぐり太郎もにわか光秀ファンの一人としてどうしてもここだけは訪れて積年の誤解をお詫びし、ご回向申し上げたいと念じておりました次第。

合掌。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160718184823j:image

ちなみにくるみママはそんなどんぐり太郎には目もくれず近くの甘いもの屋に飛び込んでいく始末でありましたが。

 

f:id:oiwakedoggies:20160718184839j:image 

最後は慈照寺銀閣

足利八代将軍義政が建てたこの侘び寂びの象徴のような建物はもともと別荘でありまして。やはり別荘はこうありたいものでありますね。お下品な金ピカはいかんであります。

どんぐるみ家の別荘も、銀閣にあやかって追分荘白閣と命名するであります。

 

※くるみママ追記

もう、どんぐり太郎ってすぐこういうのに感化されるんだから。


立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

オフ軽井沢旅行〜京都(中)

バキューン。ドカーン。ダダダダダダ。

擬音祭。

どんぐり太郎です。

 

いえ、祇園祭であります。

日本三大祭の一つでありまして。

疫病を退治するために鉾を立てたら見事に収まったことから例祭になったというこのお祭り。応仁の乱大東亜戦争での中断はあったものの、千年の歴史を誇る行事なのであります。

前祭(さきまつり)では、山車に乗った数々の山鉾が京都市役所の前を八阪神社まで巡行していくであります。この山鉾は重要無形民俗文化財に指定されております。

 

f:id:oiwakedoggies:20160718104109j:image

何しろ40万人が国内外から押し寄せる祭でありまして、飛び込みではとてもゆっくり見物などできませぬ。

そこでくるみママが京都財界の裏の裏まで手を回しまして、市役所前で椅子に座って観覧できる招待席をゲット。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160718104128j:image

ちなみに招待席には団扇、帽子、万が一の雨のためのビニール合羽まで入った観覧キットが配布されております。至れり尽くせりでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20160718104156j:image

湿気は高いものの、幸いかんかん照りではなく曇り空。心配された雨もぱらりと降った程度。街路樹に陣取ったクマゼミさんたちのシュワシュワシュワシュワの大合唱のもと、いよいよ最初の山鉾「長刀鉾」が辻を回ってくるところであります。

 

ところがこの「辻回し」が古式ゆかしいやり方でのんびりやっておりまして。サスペンションの効いた四輪でキュキューンと曲がってくるのではなく、辻の真ん中まで来てたら車輪の下に竹を敷いて、皆でこの10トン級のシロモノをエイヤーと引っ張って滑らせて方向転換させるのであります。

 

これが時間のかかる作業でありまして、いにしえの腹立たしいまでにゆったりした時間を強制的に体感させられるのであります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160718104228j:image

 

ようやく辻回しに成功して目の前にやってきた山鉾。

 

f:id:oiwakedoggies:20160718104249j:image

 

宝物のペルシャ絨毯などで飾られた壁面は、なるほど「動く美術館」と称されるだけのことはありまして。

 

キラリと光るトッピングの長刀が厄という厄を切り裂き、世にとこしえの平安が訪れることを祈るばかりでありますが、最初の山鉾を見てすでにぐったり気味のどんぐるみ夫婦なのでありました。

 

※くるみママ追記

ぐったりどころかチュウハイ飲んで観戦してたでしょ。くるみママは興味津々。滅多にこんな美しいもの観れないですもん。

 

 

立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

オフ軽井沢旅行〜京都(上)

旅行けば〜♫

飛行機で京都に行く変わり者のどんぐり太郎です。

いえ、マイルの消化でありまして。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160717164352j:image

宿泊先は京都駅にくっついたホテルゆえ、新幹線なら改札を出て5分でフロントなのでありますが。

何しろここは京都の主要な部分が一望できる位置なのであります。

 

今回の目的は祇園祭り。

国内外から実に40万人が訪れるそうであります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160717164700j:image

八阪神社がこの賑わい。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160717164753j:image

翌朝の巡行を控えた山鉾に出逢える四条通はこの賑わいでありまして、進む速さはようやく時速2㎞であります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160717164834j:image

おお、いたであります。

あちらに見ゆるは前祭の先頭を行く「長刀鉾」であります。

高さ20m近いタワーの先っちょに長刀がトッピングされているであります。倒れてきたら間違いなく痛そうであります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20160717165026j:image

船を象った山鉾もありまして。

身重で出陣して船で陣頭指揮を執った女傑・神功皇后が皇子を授かったことから、安産のご利益があるやに聞いております。今の仕事が安産であるよう祈願するであります。

 

とにかく歩くこと歩くこと2時間余り。

いい加減、足が棒になりまして、くるみママの機嫌を損ねてヤマホコならぬボコボコにされないうちにタクシーで宿まで帰還と相成りました次第。

 

※くるみママ追記

もう歩けないとか言って駄々こねたのはどんぐり太郎でしょ!


立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪
軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ