ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

砂利蟹試食

団栗太郎使用中国語皆漢字二文字。

你好、謝謝、再見等。

 

北京滞在最終晩餐。

現地人案内、有名店訪問。

 

f:id:oiwakedoggies:20170921190127j:image

嗚呼、豪奢也。

 

其人曰、砂利蟹即絶品美味。

砂利蟹!

田舎之川泥中闊歩砂利蟹!

中国人砂利蟹食??

不可能!

 

 f:id:oiwakedoggies:20170921190158j:image

多数陳列。不気味。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170921190225j:image

蠍! 恐怖!

蠍毒一定時間後効果、歌有。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170921190342j:image

我半信半疑乍、実際美味!

麻辣味絶品也。

当地砂利蟹即清水養殖故異臭皆無。

結局、我食十尾超♪

 

※胡桃母追記

毎日美食美食!

商用旅行即口実!

次回我連行要求!


お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

 

なぜか北京より

你好。多謝。再見。

団栗太郎也。

 

何故?

我商用単身北京滞在中。

皆知如、北京即美食之都。

有名食?

当然、北京家鴨。

 

f:id:oiwakedoggies:20170919230923j:image

美味美味。

鬼不在美食即天国也。

 

加之、

 

f:id:oiwakedoggies:20170919231018j:image

美味野菜。

我不知。

地元人曰、不珍雑草也。

或人曰、田舎庭一面群生。

 

f:id:oiwakedoggies:20170919231036j:image

中国人検索乍、漢字変換不能。

誰人知哉?

 

※胡桃母追記

単独美食不許可!!ちなみに、なんちゃって中国語、通じてるかしら。

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

 

海から遠いのに新海とはこれいかに

ウニはどこにいる?

ウニ。じゃなくて海。

どんぐり太郎です。

 

新海三社神社を訪れ、帰り道にふと気づいたのでありますが、確かあのあたりといえば日本で最も海岸線から遠い場所があったような。

 

f:id:oiwakedoggies:20170916110333p:image

確かにあったであります。

「日本で海から一番遠い地点」でググると出てくるでありますが、新海神社からは車で30分弱という至近距離でありました。今度はこちらを制覇してみようかと。

それにしても、海からこれほど離れていながら「新海」とはこれいかに。さらにいえば近隣には「小海町」もあるわけでありまして。

海から遠いゆえの海への憧れなのでありましょうか。

 

※くるみママ追記

どおりで魚屋さんが少ない訳ですね。

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

ロカボ牛麺でブイブイ

もともと逆三角形のボクサー体型でブイブイいわせていたどんぐり太郎です。

 

快晴の土曜、せっかくのお天気ゆえ遠出しようということになりまして、食いっぱぐれた朝食を求めて佐久のすき家へ。こちらは幸い24時間営業であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20170911220947j:image

どんぐり太郎のチョイスは「ロカボ牛麺」。こちらは米粉の入った糖質オフの麺でありまして、食感もうどんにかなり近づいております。

これにネギキムチとひじき、冷奴を加えた健康極まりないセット。糖質はお茶碗一杯のご飯にも満たないのであります。

これだけ運動してこのロカボとくれば、明日はきっとボクサー体型でブイブイでありますね。

 

※くるみママ追記

ホントかしら?

ちなみにくるみママはシンプルにおしんこ定食にひじき、お味噌汁はシジミ汁へチェンジ。ひじきとシジミ汁は絶品!

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

あな神々しや静謐の杜

君の名はと訊かれたらどんぐり太郎と答えるほかないどんぐり太郎です。

 

かねてから小海町生まれの新海誠監督ゆかりの神社が佐久にあることは伝え聞いておりまして訪れる機会をうかがっておりましたが、ようやく佐久市の田口なる地域を訪れまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20170911221024j:image

こちらは新海三社神社。

小海線の臼田駅から東へ約2km。函館と並ぶ五稜郭で名高い龍岡城跡を過ぎてしばらくまいりますと境内入口。土地土地には必ず神々しい場所というものがありまして、そういう場所はたいてい神社仏閣になっているわけでありますが、こちらもいきなりこういうショッキングな鳥居のお出迎えであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20170911221052j:image

三社というだけあって東、中、西の社が並んでおります。

鳥居から参道をのぼりますと、木々の奥に社殿が見えてまいりまして、参道を突き当たって階段を上りますと正面に拝殿、右手に神楽殿、拝殿の後方に二棟並んだ本殿は西本社と中本社、境内の右手の本殿の東側にもう一つ、本殿・東本社というふうにいっぱい並んでおります。

 

f:id:oiwakedoggies:20170911221113j:image

本地垂迹神仏習合の名残でありましょうか、いかにも仏閣ちっくな三重塔。塔は仏舎利塔でたりすからね。ちなみにこちらは重文のようであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20170911221153j:image

このあたりの雰囲気、ふとどこかで見たような既視感がふつふつと湧いてきたのでありますが、まさにこの神社の名を拝した新海監督(ご本名は新津さん)による君の縄、もとい、『君の名は。』において三葉と四葉の姉妹が巫女を務める「宮水神社」の雰囲気がばりばり滲みまくりなのでありますね。口噛み酒しながら艶かしい舞を舞った神楽殿のモデルとおぼしき建物もあったりなど。

その割には「聖地」にありがちな「巡礼」っぽいファンの姿はほとんどなかったのでありますが、ブームはもはや終わったのでありましょうか。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170911221224j:image

いずれにしましても、周囲とはまったく違う神々しい凛とした空気の中で心なしか身体が浄化された気がいたします。一言で表現するなら「静謐」さの妙でありましょうか。

何よりここにはここにしかない色彩がありまして、こういう色を見て育った新海監督ならではの映像美がスクリーンの上に展開されるわけでありますね。

 

※くるみママ追記

なるほど、こういう色と景色を見て過ごすと、あの映画に通ずるのだと納得です。

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

 

 

空腹の絶景

朝食屋さんはせめて8時から営業してくださいませ。

どんぐり太郎です。

 

幸い先週末は天候にも恵まれまして、久々にたっぷりの日差しが降り注いだ軽井沢でありました。

気持ちよすぎてあやうく寝過ごすところを朝から塗装業者さんの訪問で起こされまして、ベランダで作業する人を尻目に朝食というのも何だかなあということで、ケンズの散歩がてら近所のブランチレストランさんに足を運んだのでありますが、なんと10時開店ということで片道2キロ近い苦労も水泡に帰してしまいました次第。

思い込みとは何と恐ろしいものでありましょうか。

 

f:id:oiwakedoggies:20170911220907j:image

とはいえ道中でこの風景に遭遇できただけでも朝散歩の価値はあったかと。

たわわに実る稲穂の向こうに咲き誇るコスモス。そして浅間の威容。

さっそく週明けからどんぐり太郎のオフィスのPCの背景になっております。

気になるのは田んぼとコスモスの間の白い集団でありまして、こちらはヒメジョオンの群生であります。手の入っていない畑はほぼこの白い悪魔に占領されておりまして、対策を講じていかないとそのうちに軽井沢一帯がこの白い花で埋め尽くされてしまうのではないかと。

 

※くるみママ追記

どんぐり太郎の世界もくるみヒメで埋め尽くしてしまおうじゃ、あーりませんか!

 

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

軽井沢ミーハー満喫

へそが曲がりすぎて1回転しているどんぐり太郎です。

 

どうもミーハーな軽井沢を忌み嫌って星野だの旧軽だのから身も心も離れておりました昨今でありますが、一念発起、あえて「観光」のど真ん中に飛び込んでみたであります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170908175846j:image

こちら、ハルニレテラス付近の駐車場にクルマを駐めまして。星野地域散策であります。

8月末、気温は25度前後というおさんぽ日和でありました。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170908175916j:image

「犬に優しいウッドチップコース♪」

ウタマロが鼻歌を奏でるほど快適なお散歩道路が用意されております。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170908175947j:image

野鳥の森であります。

その名の通り様々な野鳥が観察できるはずなのでありますが、それは朝夕のことでありまして、真っ昼間はスズメ一匹おりませぬ。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170908180010j:image

夕方になると、運が良ければムササビが飛んでいくそうであります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170908180104j:image

湯川の岸辺に降りていくこともできまして、インチキな表現で申しますところのマイナスイオンがばりばりであります。

 

 f:id:oiwakedoggies:20170908180254j:image

「大将、今日の歩数ノルマは達成しやしたですかい?」

ええ、おかげさまで。平日よりもはるかに多く歩いておりました。

たまには観光地もいいものでありますね。

 

※くるみママ追記

そう、たまにはいいでしょう!

 

 お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ