ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

真冬のイオンウォーキング♪

歩様が美しくないことで有名などんぐり太郎です。

 

どんぐり太郎がApple Watchに日々の運動を管理されておりますことは何度も申し上げてきた通りでありますが、日々7千歩以上のウォーキングと30分以上のゼーハーなエクササイズ時間をクリアしようといたしましても、これほど気温の低い日が続きますと、夕刻にはとても外歩きをしようという気にはなれないのであります。

ある日、買い物やら何やらで気がつけばエクササイズもまだ数分しかこなしていないのに佐久で午後4時近くに。真冬でなければ帰り道にどこかで置き去りにしてもらって歩数を稼ぐでありますが、この時間から追分に戻れば氷点下の寒風に吹きさらされて凍えること必至。しかも真冬用の帰り道置き去りキット、すなわちニット帽と手袋を持ち合わせておりませぬ。

 

f:id:oiwakedoggies:20190122133500j:image

そこで、イオン。

 

f:id:oiwakedoggies:20190122133552j:image

このだだっ広い店舗は真冬のウォーキングにはうってつけの場所なのでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20190122133615j:image

途中、ガチャやら、

 

f:id:oiwakedoggies:20190122133649j:image

ゲーセンなどに寄り道しつつ、

 

f:id:oiwakedoggies:20190122133713j:image

あっという間にクリアであります。

なんかお腹が空いてきたであります。

 

※くるみママ追記

もう、厄介な習慣だわ。

 

※どんぐり太郎再追記

そもそもApple Watchはくるみママにプレゼントされたものであります。

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

ダイソーのおもちゃ

ボーッと生きている永遠の5歳児、どんぐり太郎です。

 

ダイソーに行ったら必ずおもちゃコーナーに立ち寄るどんぐり太郎でありますが、ダイソーのおもちゃは実によくできておりまして。100円でもなかなか遊べるであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20190119011116j:image

特にお風呂のおもちゃはけっこう充実しておりまして。

こちら、水鉄砲とモーターボート。

 

f:id:oiwakedoggies:20190119011145j:image

モーターボートはこのゼンマイ船外機がスグレモノであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20190119011214j:image

方向を変えられるようになっておりまして、曲げておくとお風呂の水面で船が弧を描くでありますよ。

船舶免許を取得して目下実地修行中のくるみママのイメトレにもなるでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20190119011241j:image

こちらの水鉄砲はデザインが秀逸であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20190119011307j:image

こちらはワルサーPPKがネタ元とみられるであります。

 

1丁は東京用、1丁は追分用、そしてもう1丁はどんぐり太郎が護身用に持ち歩くといたしまする。

 

※くるみママ追記

全く。水鉄砲を護身用に持ってどうするの?

 

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

危険なハイファイ

ハイファイおじさん♪

どんぐり太郎です。

 

当家では1年ほど前にアナログのレコードプレーヤーを導入し、東京の自宅では時おり手間暇かけて名盤に聴き惚れているでありますが、このたび追分にも導入しようかという話になりまして。

 

やってまいりましたのが都内の某高級オーディオ店。

アナログであれば、プレーヤーは新品で7〜8万円かかるでありますが、アンプは2〜3万の旧い中古、スピーカーも数万円の中古で十分お茶を濁せるであります。ざっと予算15〜20万円でありますかね。

 

f:id:oiwakedoggies:20190119010915j:image

しかし、いざ最高峰のスピーカーたちを前にしますと心が打ち震えるのでありますよ。

記念に英国のタンノイなど聴かせてもらおうかと。

1組70万円? 価格を聞いただけで耳にバイアスがかかるでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20190119011001j:image

アンプもこのへんでお試し。

スピーカーとのバランスから、アキュベースのE-370あたりがいいでありますかね。40万円級であります。

 

かけていただいたのはベートーベンの7番。もちろんアナログレコードから。

さすが、このへんの音になってくると情報量の密度がぜんぜん変わってくるであります。専門家の耳でなくともこの違いは歴然でありまして。デジタルと何が違うといって、楽団の奥行き感の伝わり方がまったく次元の違うものなのであります。

「うわぁ。やっぱりこれぐらいの音じゃなくちゃ」

と、恍惚の表情を浮かべるくるみママ。

「総額いくらかしら?」

ふと胸騒ぎ。

まさか? まさかでありますかね?

こういう大きなものを買うと絶対にどんぐり太郎の何かが削られる憂き目に遭いますゆえ。

ここは絶対阻止せねばであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20190119011031j:image

とりあえずカタログだけいただいて、くるみママをお店から引きずり出したどんぐり太郎でありました。

贅沢は敵であります。

 

※くるみママ追記

どんぐり太郎のアレとコレを削って、うんうん、あとチューハイを止めるとか。

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

温度差おそるべし

樫の木モックピノキオの公認パクリだと知って安心したどんぐり太郎です。

 

今年の冬は本来の軽井沢らしい気候でありまして、雪は少なくただひたすら寒いだけであります。朝夕の冷え込みは比較的温暖な追分あたりでも時にマイナス10度を下回ることも。

これでは水道の凍結など予期せぬ事態を招きかねないということで、当家では不在時も床暖を最低温度で回しているでありますが、少し前まではメインのリビングと風呂トイレの水回りだけがその対象でありました。

が、そのケチが思わぬ状況を招くことに。

 

f:id:oiwakedoggies:20190119010708j:image

こちら、玄関とリビングを隔てる戸なのでありますが、

 

f:id:oiwakedoggies:20190119010720j:image

なぜかギリギリと擦ってしまうのでありますね。

わかりにくいでありますが、矢印のヶ所が擦った跡であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20190119010748j:image

見ると、ビミョーに戸が撓んでいるのであります。

これはどういうことかと申しますと、ポカポカのリビングと、床暖をケチっておりました玄関との温度差が半端ないために戸が撓んでしまったということなのでありますね。おそらく最大で10度位上の差があったと思われるであります。

 

ということでさっそく玄関の床暖もオンにしてみたでありますが、やはりビンゴ。

たった2時間ほどで撓みは解消したであります。

木というものは思いのほかデリケートなもののようでありまする。

 

※くるみママ追記

デリケートさはくるみママ並ね!

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

2019ニューイヤーコンサート三昧

大阪で唐津さんはカラヤンと呼ばれるのでありましょうか。

どんぐり太郎です。

 

今年は正月早々ニューイヤーコンサート三昧でありました。

まず元旦の夜はウィーンフィルの生中継。ただ今年の演奏は何と申しますか、選曲ももろ西洋的で演奏もドイツ的なガチガチの演奏な気がいたしまして、正直いって日本人的にはうーむな感想でありまして。この点では珍しくくるみママと意見が一致。

 

f:id:oiwakedoggies:20190116121813j:image

明けて2日の夜。

こちら、例年おうかがいしております、ウィーン・フォルクスオーパ交響楽団ニューイヤーコンサートサントリーホールであります。

全体としてはヴァイオリンの少ない編成でありながら、それでもそれなりの厚みを出せるのはさすが座付きで百戦錬磨のオケ。日本のオケとはこういうとこが違うでありますね。百周年の趣向としておなじみの「テケテッテテテテ♪」をアレンジした「キューピー変奏曲」は他の手慣れた曲とは違ってさすがにこなれていない印象が否めなかったものの、何とかシャキッとまとめてしまうのは指揮者もオケもさすがの力量。上質なマヨネーズのような演奏でありました。

いずれにしても、前夜のテレビで心底がっかりさせられたウィーンフィルの演奏よりも個人的にはナイスに感じたであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20190116121859j:image

さらに翌週末。またまたサントリーホールへ。

こちらはダイムラーさんのご招待日でありまして、こちらはさらに小編成のウィーンシュトラウスフェスティバルオーケストラでありますが、もう、こんなベタな日本人向けコンサートはないでありますよ。

主な曲目はこちらでありまして。

 

ヨハン・シュトラウスⅡ:喜歌劇「こうもり」序曲

ヨハン・シュトラウスⅡ:ポルカ・シュネル「浮気心」

ヨハン・シュトラウスⅡ:トリッチ・トラッチ・ポルカ

ヨハン・シュトラウスⅡ:ワルツ「春の声」

ヨハン・シュトラウスⅡ:ポルカ・シュネル「狩り」

ヨハン・シュトラウスⅡ:皇帝円舞曲

フランツ・レハール:喜歌劇「メリー・ウィドウ」より《唇は語らずとも》

ヨハン・シュトラウスⅡ:ワルツ「美しく青きドナウ

 

あまりにベタすぎて涙さえ出たであります。「皇帝円舞曲」に至っては日本ハムの「シャウエッセン」のアレでありますよ。「美味なるものには音がある」というCM。聴いていると焼き立てのウインナーが食べたくなるであります。

オケの力量としてはさすがに前週のフォルクスオーパーには及ばないものの、打楽器が一人三役ぐらいこなす究極の少人数編成でありながら、「シュトラウス」の名を冠するに値する枯れた素晴らしい演奏を繰り広げてくれたであります。

 

※くるみママ追記

今月中にもう1回ぐらい行っとく?

 

※どんぐり太郎再追記

もうお腹いっぱいであります。

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

ブラック!

ブラック企業ならぬブラック家庭でこきつかわれているどんぐり太郎です。

 

 昨年末の年越し軽井沢はまだ日のあるうちに東京を出まして、ドライバー交替の甘楽PAではお店が開いているところを初めて見たであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20190116121519j:image

お土産コーナーは思いのほか充実しておりまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20190116121551j:image

どんぐり太郎が地べたに寝転がってねだったおもちゃも含めいろいろ買ったでありますが、中でもスグレモノはこちら。

 

f:id:oiwakedoggies:20190116121623j:image

上州黒ソース焼きそば

かの正田醤油さんがこしらえた特製黒ソース使用の逸品であります。

 

f:id:oiwakedoggies:20190116121646j:image

いえ、ソースはもともと黒いものでありますが。

どれだけ黒いのでありましょうか。

 

f:id:oiwakedoggies:20190116121710j:image

うわ、黒っ。

イカスミのような黒さでありまして。

味が実に濃ゆいであります。

これはご飯がすすむでありますね。

 

f:id:oiwakedoggies:20190116121732j:image

仕方ないので悪魔のおにぎりとともにいただくであります。

 

 

※くるみママ追記

そういえばどんぐり太郎、最近また太めになってきたような??

 

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ

 

「わ」を見たら逃げるべし

わ!

どんぐり太郎です。

 

軽井沢との往復では一般道や高速道路でいろんなクルマに遭遇して時にヒヤヒヤしたりプンスカしたりするでありますが、中でもいちばん神経を使うのが「わ」ナンバーであります。

 

f:id:oiwakedoggies:20190115162744j:image

この「わ」ナンバーでありますが、かつてはもれなくレンタカーだったのが今どきはカーシェリングなどもこのカテゴリーでありまして。レンタカーなら運転に慣れていない人々であることも多く、心優しく譲って差し上げる運転でやり過ごせばよかったのでありますが、カーシェリングのドライバーとなりますと実に様々であります。中には未熟にもかかわらず自分が熟練者だと勘違いして危険な走行を見せる自称熟練者ドライバーも少なくなく、ヒヤヒヤすることしきりでありまして。

まったくもって予測不可能な行動に出るのは未熟なドライバーも自称熟練者も同じなのでありますが、自称熟練者の方は車線変更の際など思い切りがよすぎてこちらが急減速して回避しなければならないこともしばしば。

ともかくもどんぐるみ家では「わ」を見たら逃げろという方向でやり過ごしておりまする。

 

※くるみママ追記

どんぐり太郎に後ろから、わっ!

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ