ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記と、時おり旅の記録。

少し遅めのギラギラ

最近とみにギラツキが減っておとなしくなったどんぐり太郎です。 世間はどこもイルミネーションが全開状態でありますが、どんぐるみ家はいろいろとバタバタしておりますうちに師走も第1週が終わりそうな頃に。今になってようやく準備をいたしました次第。 庭…

星降る夜

星飛雄馬が主人公の漫画を頑固に『読売の星』と呼び続けるアンチジャイアンツなどんぐり太郎です。 ここへきてようやく少しは天候が落ち着いてきたと申しますか、晴れて雲がない分だけ放射冷却で朝夕の冷え込みも厳しい昨今の軽井沢であります。 ただ、おか…

初雪の日にふさわしいアレ

態度に熱量が足りないとよく言われる冷淡などんぐり太郎です。 水曜日の夜ぐらいから日本列島は全国的に冷え込んでまいりまして、師走に突入したら示し合わせたかのようにここ軽井沢も震え上がるような本格的な寒さの第一陣が到来、といった様相であります。…

黒浅間

ブラックな会社にもいたことのあるどんぐり太郎です。 添加の名山といえば言わずと知れた富士山でありまするが、その富士山もシチュエーションによって様々な顔を見せるであります。特に有名なのが紅富士と赤富士というやつでありまするが、紅富士は冬から初…

萬里の道も一歩から

根っからの大衆派、どんぐり太郎です。 軽井沢近辺に中華の名店は数あれど、最近のどんぐるみ家のイチオシは萬里さんでありますかね。 押しも押されもせぬコテコテの街中華。 これが軽井沢駅から旧軽へ向かう玄関口に鎮座ましますことは非常に意義深いことで…

リベンジ!?

リベンジとか一発逆転とかいったものはことごとく失敗する、勝負強さに欠けるどんぐり太郎です。 サッカーW杯では日本が強豪ドイツを破るという、第一次世界大戦以来の事態がありまして。いえ、大番狂わせなどではなく、今の日本の実力がこうした強豪チーム…

浅間山が3度目?の冠雪

二度あることは自動的に三度あるというのになぜ三度目の正直というのか解せないどんぐり太郎です。 折からの雨が今日になって激しさを増している軽井沢でありまするが、この雨も標高1500メートル以上では雪になっている模様であります。 このように浅間山も…

徒歩3分の土地物件

不動産もお不動さんも信用していない罰当たりなどんぐり太郎です。 最近は軽井沢界隈の不動産バブルに辟易しておりまして、セールスの方々から送られてくる物件情報にもほとんど目を通していなかったでありまするが、「お近くの物件です」と言われるとちょっ…

早々と冬タイヤに

転ばぬ先の杖をよく折ってしまうどんぐり太郎です。 この地域では浅間山が3階冠雪したら冬タイヤに、のような暗黙の了解があるようでありますが、今年はどんぐり太郎が観察した限りまだ2回。その後は気温も落ち着いている感じであります。 とは申しましても…

赤いクルマの呪縛

緑の中を走り抜けてく真っ赤なオブジェー♪ 怖いわ。 どんぐり太郎です。 当家におきましては、基本的にクルマの色に関しては赤はなしということになっておりまする。 どんぐり太郎的には真っ赤なアレにすごく憧れていたでありますが、くるみママがいつぞや占…

久々の暁らーめん

春眠も夏眠も秋眠もあかつきを覚えないどんぐり太郎です。 軽井沢に住んでギリ徒歩圏内に食べ物屋さんがあるというのは非常にありがたいことでありまして。 中でも「暁らーめん」。 しかもこれがまた秀逸な味わいなのであります。 とんこつベースのスープは…

鏡の風景

鏡に顔を映すのが苦痛になる年頃のどんぐり太郎です。 標高950mあたりの紅葉はもはやピークアウトして、これから先はただただ散るばかりでありまするが、少し降りていった御代田あたりではまだ見頃の場所もありまして。 あと数日はかなりいけそうなのが雪窓…

紅葉のトンネル

人生ではいつもトンネルの中にいたどんぐり太郎です。 この時期の軽井沢の愉しみといえば紅葉でありまして、SNSの上には雲場池あたりで撮影した写真もずいぶんアップされている昨今であります。この週末は見頃の最後ということもあってたいへんな混雑になる…

旧三笠ホテルブレンド

仕事が丹念ですね、とは一度も言われたことがないどんぐり太郎です。 時おり軽井沢駅前の丹念亭さんにお邪魔するでありますが、こちらのコーヒーはお店の名そのままで実に丹念な淹れ方をしておられまして。 たいていはお昼にこってりしたものを食した後とい…

気の毒なモミジに関する仮説

いろいろ気の毒だと同情されることも多いどんぐり太郎です。 ある年の秋から気づいたことでありまするが、年によって紅葉がきれいだったり、あるいはそれほどきれいではなかったりするであります。 当家の庭などでもそれは切実に感じるわけでありまするが、…

浅間山が今年初冠雪

いつも流行には遅れるので追いかけないようにしているどんぐり太郎です。 浅間山が今年初冠雪の報。昨日でありました。 www.jomo-news.co.jp じっさい追分方面から確かめてみますと、 今日は気温が急上昇したもの、まだ山頂付近には雪が残っておりまして。 …

豪快な野焼き!?

若い頃はいつも恋に胸を焦がしていた萌える男、どんぐり太郎です。 稲刈りもほぼ終わったこの時期、佐久方面を走っておりましたら、なかなかダイナミックな光景を目にいたしまして。 こちら、橋の上から。 田んぼが焼かれておりまする。 野焼きというにはあ…

謎のスポット

生きる場所こそパワースポット。 どんぐり太郎です。 世にパワースポットといわれる場所は数多くありまして、どこぞの寺社仏閣だとか(ほとんどは神社でありまするが)、あるいはその裏手に広がる山林、そして京都などにもいくつかあるといわれる龍穴のよう…

定点観測2022年秋

頭髪だけは定点観測されたくないどんぐり太郎です。 季節と申しますのはグラデーションでありまして、暦の上ではこの日から秋だ、中秋だ、などという区切りはありますものの、実際には境目も曖昧に変化していくものであります。 以前は2週間おきに週末だけ滞…

秋本番へ

旧暦9月9日の重陽の日に茄子を食べ忘れたので痛風になるかもしれないどんぐり太郎です。 追分界隈もすっかり秋の色に染まりつつありまして。日に日に色づく森を眺めながら日々の疲れを癒す毎日であります。 もうこんなに紅葉した気の早い木も。 もう1ヶ月も…

譲る心

譲るより、ゆすることが得意などんぐり太郎です。 軽井沢の裏道と申しますのは非常に狭い道が多いわけでありまして、クルマのすれ違いが難しいこともしばしば。そんなときは譲り合って、場合によっては少し下がるなりして角におしりを入れるとか、あるいは少…

デカすぎカインズ

ホームセンターなら1日過ごせる自信があるどんぐり太郎です。 佐久のイオンの隣に巨大なショッピングモールができまして。 ショッピングモールというのは必ず核店舗というものがあるわけでありまするが、ここの場合、カインズのようであります。 近隣にあっ…

「猫温上」の時候

個人的には六曜で生活しているどんぐり太郎です。 季節と言えば春夏秋冬でありまするが、これをさらに細かく分けたのが二十四節気でありまして、ざっくり2週間ちょいで節気が移り変わってまいりまする。さらに細かく分けますると七十二候。こちらはほぼ5日…

面倒だ和

最近は前日のチューハイが動力源になっているどんぐり太郎です。 世に2拠点生活をされている方は多いかと存じまするが、当家の場合もはや2拠点とは呼べないほど軽井沢が中心になっておりまして、今や東京の家が別荘のような感覚でありまして。おかげで東京…

王様サイズ

王様気取りなんかしようものなら女王様から半殺しの目に遭うであろうどんぐり太郎です。 最近は週末ごとにお昼がてら上田あたりまで出ることが多いどんぐるみ家。お目当てはくるみママの和菓子確保でありまする。いつもは高速をぶっ飛ばして行くでありますが…

金秋

何をもって「小さい」としたのか、「ちいさい秋みつけた」という歌に対して5歳から疑問を抱き続けているどんぐり太郎です。 すっかり秋めいてまいりまして。まだ森の葉が色づくのとはほど遠いでありまするが、それでも早いものは少し黄色めいておりまするし…

祝・優勝! 東京ヤクルトスワローズ

ありがとうございます。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 ※くるみママ追記 ジャイアンツは引き離されすぎて応援する気も失せてました、、、 お立ち寄り頂きましたおしるしに こちら ↓をポチして下さると幸いです♪ 軽井沢に関する情報がこちら…

信州味噌の真髄

人生にいろいろとミソをつけてきたどんぐり太郎です。 信州といえば味噌処でありまするが、これまでそれほど味噌にはこだわりがなかったと申しますか、味噌なんてハナマルキの液状があれば料理には事足りるような食生活をしておりまして。 しかし発酵食品と…

最速初ストーブ

スワローズ優勝マジックだけが気になる季節。 どんぐり太郎です。 台風が通り過ぎてから一瞬気温が上がったものの、ここ数日はずいぶん朝夕も冷え込んでまいりまして。 今朝の追分荘のリビングはとうとう20度を割り込んでおりまする。 ここで床暖発動といき…

再現チャレンジ~天理スタミナラーメン

「~風」によく騙されるどんぐり太郎です。 便利な世の中でありまして。今やネットで検索すればあらゆるもののレシピがヒットするであります。 かつてはラーメン花月の「壺ニラ」のレシピが見つかりまして、常備菜としてほぼ毎週仕込んでいたことも。ただ、…