ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記と、時おり旅の記録。

とりたま、佐久四天王へ

ラーメン以外には魂を揺さぶられることのないどんぐり太郎です。 とある休日に野暮用で佐久まで足をのばしました折、なじみのラーメン店に行こうとしてふと「そういえばあそこ」的に思い出した店がありまして。 こちら、岩村田の「ラーメンとりたま」であり…

嗚呼、榮林

時おり枕話でスベるどんぐり太郎です。 軽井沢の家もすでに7年目でありまするが、まだまだ足を踏み入れたことのないお店はけっこうありまして。と申しますのも、どんぐり太郎は開拓精神のかけらもないと申しますか、いちど気に入ったお店ができるとそこに通…

花の日

花より談合。 どんぐり太郎です。 どんぐるみ家では毎月、くるみママの「月」誕生日に花を買ってきて飾るということが習慣化しておりまする。 幸い近所に「GATE」という、もとは旧軽方面にあったという立派なお花屋さんがありまして、こちらで非常にリーズナ…

名物廃墟の終焉

廃墟のような知識だけで生きているどんぐり太郎です。 万物は流転するというのはヘラクレイトスによって提唱された哲学の概念でありまするが、ここ軽井沢におきましても様々な流転の模様がうかがえるであります。 たとえば「ドライブイン軽井沢」。 国道18号…

軽井沢ライフらしさとはなにか

型に嵌めようとすると型に穴をあけて逃げるタイプのどんぐり太郎です。 追分の家も7年になりまするが、思えば当初からおよそ「軽井沢ライフらしさ」に欠ける軽井沢ライフでありまして。 さてその「軽井沢ライフらしさ」なるものでありまするが、どこに行けば…

日に日に高く

連日のサウナでお肌がすべすべのどんぐり太郎です。 長い冬もどうやらピークアウトした感がありまして、これからも寒の戻りはあるにせよ、少しずつ春に向かっていくのは間違いないであります。 何にそれを感じるかと申しますると、 日の高さでありますね。 …

泣く泣く、ほんとに仕方なく

転ばぬ先の杖を持って出かけてもどこかに置き忘れてくるタイプのどんぐり太郎です。 仕事で長野市に出かけるくるみママを軽井沢駅まで車で送りまして、追分の家に戻るとなんとなく違和感が。 オーノー。家の鍵を持っていなかったであります。 出るときに施錠…

おうちで丸源

すべて家まで届けてくれるなら1ヶ月ぐらい外出しなくてもぜんぜんハッピーなどんぐり太郎です。 まあそんなどんぐり太郎でも、くるみママがそうはまいりませぬ。不用意に爆発しないよう時おり適度に遠出してガス抜きするであります。 ただしランチはどんぐ…

温泉解禁の日に

ギター歴40年でいまだ「禁じられた遊び」が弾けないどんぐり太郎です。 長野県下の新型コロナ新規感染者も一桁の小さい方になってまいりまして、東信地域に至ってはかなり落ち着いてきた感がありまして。 観光振興の一助にでもなればと、そろそろ温泉を解禁…

富士見の城

一富士、ニ鷹、三ギャツビー。 どんぐり太郎です。 小諸には富士見城なる城址がありまして。 飯綱山公園というのがそれでありまするが、美術館なども併設されており、ちょいと気分転換に立ち寄るには好都合な場所であります。 高台にのぼるとこんな眺めであ…

焼肉屋のランチ

裏表のない男、どんぐり太郎です。 それほど食欲のない日のランチというのはたいへん困るでありますね。ことに冬の佐久の街ではあっさりいこうにも、おそばですら大変なボリュームでありまするゆえ。 ということで、冷麺はどうかという話になりまして、いつ…

ドライブスルーという娯楽

家庭内ギャグの95パーセントはスルーされるどんぐり太郎です。 クリーニングから調剤薬局、今どきはPCR検査までドライブスルーになっている昨今でありまするが、やはり王道といえばカフェ。ことに佐久地域ではスタバ。 ただ、休日の午後ともなるとこの通りの…

万能味噌ブーム

マイブームが時おり10年続いて習慣化するどんぐり太郎です。 佐久市中込のデリシアで素晴らしいものを見つけまして。 こちら、いわゆる万能味噌の類。 八丁味噌ベースの甘味噌ペーストであります。 名古屋地区だと「つけてみそ、かけてみそ」などという商品…

ツルヤの冷食

何もしなくていいなら本当に何もしないで過ごすどんぐり太郎です。 在宅ワークとはいえ、いや在宅ワークだからむしろ忙しい一日になることもしばしば。面と向かっていれば一言二言交わせば済むようなこともメールの文面にしたためたり、あるいは電話して伝え…

この季節ならではの空色

最近は朝が氷点下じゃないと損したような気分になるどんぐり太郎です。 冬の軽井沢は風景がけっこうモノクロに近いであります。じっさい撮った写真をモノクロにしてみてもほとんど変わらないということがしばしば。 ことに曇りの日はまったく色がない感じで…

定期圧雪

しんしん静かに雪ごもり♪ 芦川よしみのデビュー曲を知っている数少ない日本人、どんぐり太郎です。 土曜日から軽井沢に降り始めた雪はひたすらしつこく降り続きまして、さりとて警報が出るほどではなく、まさにしんしんと地味に降り積もってきたであります。…

大物組み立て

小物界のビッグを目指すどんぐり太郎です。 どんぐり太郎による追分荘の収納改革は着々と進んでおりまして、美観と機能性を兼ね備えたデッドスペースの活用についてはかなり自信をつけてきたところであります。 ただ、そうなるとくるみママは欲をむき出しに…

つっぱり続けろ!

横浜銀蝿のコピーバンドをやったこともあるどんぐり太郎です。 昨日ご紹介したつっぱり棚でありますが、 取り付けはつっぱるだけでいいでそうありますして。 なので、 「ぁんだよ? ぁあ? 何見てんだよぉ?」 と長ラン着てメンチ切ってつっぱってみたであり…

さらなるタテの進化

つっぱることが男の♬ たった一度の勲章♬ 一時はヤンキーも経験した紆余曲折のどんぐり太郎です。 先日、空間をタテにうまく使った例をご紹介したであります。 このように、オーブントースターをタテ重ねにいたしまして、かなり空間がゆったりしたであります…

惜しい!

宝くじ1等当選で人生を狂わされてみたいどんぐり太郎です。 お年玉付き年賀はがきの当選番号が発表されたでありますが、遅ればせながら当家に届いたもの(軽井沢の家のみ)、および書き損じと手元に余っていたものをぜんぶ照合してみたでありますよ。 する…

現場より

食レポをするとたぶん「美味い」とか「すごい」しか言わないボキャ貧などんぐり太郎です。 軽井沢駅前に野暮用がありまして、送迎用の駐車場にクルマを駐めようとしましたら、 なんと、No.2の所のポールが倒されておりまして、ブルーシートがかかっているで…

一瞬でモノクローム

最近、雪だるまみたいな体系になりそうで不安などんぐり太郎です。 土曜日の軽井沢は朝から概ね曇り空ながらこの時期にしてはかなり温暖でありまして。午後から雨模様になり、佐久まで出ると久々に雨らしい雨に。 ランチと買い物を終えて、さて標高300メート…

昊鑫

難しい漢字を覚えては人に自慢するのが好きなどんぐり太郎です。 というどんぐり太郎でもこの「昊鑫」はどう入力したらいいのかわからず、とりあえず「日に天」「金3つ」でググって1文字ずつコピペしたであります。 この「昊鑫」でありますが、「コウシン」…

寒冷地ならではの

寒いときについ「サミー! デービス・ジュニア」と言ってしまうどんぐり太郎です。 日中の最高気温が氷点下も当たり前の寒冷地では、東京暮らしの長い者には想像もつかないことが起こるのでありまして。 とある土曜日の午後、塩カルにまみれたクルマを洗おう…

狭い空間はタテに使う

追分のこんまりを目指すどんぐり太郎です。 住居化した別荘の「間に合わせ」を解消しつつある昨今でありまするが、何と申しましても週末ニーズの場合に比べていろいろとモノが増えて置き場所に困るというのが最大のストレスでありまして。 たとえばシンク後…

どんぐりの知恵

知恵の輪なら朝から晩まで遊んでいられる自信のあるインドア派のどんぐり太郎です。 別荘と申しますのはどこまでも仮の庵なのでありまして、「間に合わせ」的なもので週末をやり過ごしてまいりましたものの、これが日々の住居になってまいりますといろんな不…

ココが一番♪

ここはどこ? 私は誰? どんぐり太郎です。 18号の旧道を軽井沢駅方面に走る用事がありますと、中軽を過ぎて役場に至る手前の右側がとても気になるであります。お昼時ともなると特に。 その場所はたいていクルマで埋まっておりまして、毎度舌打ちをして通り…

まさに冬の軽井沢らしく

自分らしさを追求すると必ず夫婦喧嘩になるどんぐり太郎です。 ここ数年は軽井沢にもけっこうな雪が積もることが何度かあったでありますが、この冬は今のところドカ雪になることもなく、たまにちらちらと降る雪が落ち葉の間にまだらに残っているという様相で…

至福のB級グルメ

稀代のB食家、どんぐり太郎です。 年が明けてもなお世の中は依然閉塞的でありまして、遥か都では緊急事態宣言発出という事態。ますます都は遠くなりにけりであります。 軽井沢におりましてもスーパーやコンビニ以外に出かけることもなく、相変わらずの寒気の…

シュガーパウダー

氷点下という言葉に身震いしなくなった昨今のどんぐり太郎です。 この季節の軽井沢は真っ昼間に18号を走っておりましても道路脇の気温表示がマイナスになっていることは珍しくないのでありまして、雪は比較的少なくひたすら寒いだけという、ありうべき軽井沢…