読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ど素人の軽井沢ライフ奮戦記

一念発起、軽井沢で週末を過ごすことに決めた中年夫婦のドタバタ別荘奮戦記。

ベジタブルファーストな佐久のラーメン

健康と美を追求するどんぐり太郎の提供でお送りします。

 

軽井沢の雪だよりにハラハラしつつ、今回の追分入りは夫婦とも職場であれやれやと口実を作り時間早い出立。

ともあれ佐久まで激走いたしまして、これから始まるかもしれぬ白い悪魔との仁義なき闘いに備えて腹ごしらえ。

 

f:id:oiwakedoggies:20170122073951j:image

やってまいりましたのは佐久のイカしたナウなヤングが集うというアムアム。

こちらのラーメンがグーだと聞いてフィーバーしにきたであります。

「豚と鶏の超絶な旨み」という触れ込みのラーメン、さっそく賞味いたしませう。

 

f:id:oiwakedoggies:20170122074145j:image

まずはどんぐり太郎の「雷電麺」。近隣の東御に生まれた稀代の名横綱雷電為右衛門に因んだこちらのラーメンは、野菜増し無料ということでどっさり積んでいただいたであります。

もやしだけで軽く一袋分は超えた量。食べても食べても麺に到達せず、野菜だけで腹が膨れるというこのベジタブルファーストなヘルシーさ。なんでこれが雷電やねん的なツッコミは必然。

ちなみにこのお店ではさらに、ほぼキャベツだけのサラダが食べ放題でありまして。

 

f:id:oiwakedoggies:20170122074241j:image

f:id:oiwakedoggies:20170122074251j:image

くるみママのチョイスは、なんと麺の代わりにキャベツが入った究極のローカーボラーメン。軽く半玉は超える量のキャベツをムシャムシャでありまして。

 

お味の方はなるほど豚と鶏の出汁がなかなかのバランスで溶け合った実に個性的な風味。ただ、ラーメン本来の良さを愉しむというよりは、ひたすら野菜をバリバリかきこんでいたというのが実際でありまして、ラーメンとして評価するのはまた次の機会でありましょうか。

 

このヘルシーすぎる野菜攻撃になんだかエネルギーを充填できたのかどうかもあやふやなまま、このあとどんぐるみ夫婦はあまりの無情な現実を前に身命を賭した闘いに挑むことになるのでありました。

 

※くるみママ追記

キャベツは当分パスしていいかも、、

 

お立ち寄り頂きましたおしるし

こちら ↓ をポチして下さると幸いです♪

軽井沢に関する情報がこちらにも盛りだくさん。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ